改正貸金業法施行後に活躍している中堅消費者金融会社の中には、全国展開によって急成長している会社もあります。これらの会社は、多くの同業他社が廃業、縮小する中、改正貸金業法施行後の消費者金融市場にビジネスチャンスを見出した、いわば「革新派」と言えるかもしれません。
そのような会社と比較すれば
フクホー
は、安定した「保守派」という位置づけになるでしょう。
フクホーは消費者金融会社の中では、老舗の部類に入ります。
また、その審査基準なども、カウンセリング重視で、昔ながらの対面融資の流れを引き継いでいます。そのため、承認率や融資残高も極端に高くなることはなく、安定しています。
この安定感こそが、強味だとも言えます。
一時期、極端に高い承認率や融資額を出しても、それに比例して不良債権が増加するようでは、長続きはしません。
その点、
フクホー
は、極端な数値ではないにしても、安定、継続しています。
一度、借入れがスタートすれば、何年か長いつきあいとなる可能はあります。
あまりに極端な数字を出している会社は、その営業方針が一変することもあり得ます。
(急に承認率や融資額が低くなる可能性があります。)
あまり極端な方針を採用するのは、リスクも伴うことにもなります。
極端な方策に走らずに、地道にコツコツと積み重ねてゆくフクホーの姿勢は評価できるでしょう。

 

フクホーへの申込みは下記公式ホームページからが安心です!

当サイトは、「キャッシング研究所」が提供する消費者金融フクホー専用の情報サイトです。
いまでこそ、自己破産や債務整理をした方でも審査対象としている中堅消費者金融会社は多数存在しますが、フクホーはかなり早い時期から柔軟な審査に取り組んでおり、言わばパイオニア的存在です。現在、柔軟な審査を実施している消費者金融は、多かれ少なかれ、フクホーの影響を受けていると言っても過言ではありません。
インターネット上には、フクホーのことを、単に「審査が甘い」といった安易な謳い文句で紹介しているサイトが多数見かけられます。しかし、そのようなサイトの大半は、単なる宣伝目的のサイトや、信頼性に欠けるサイトも多く鵜呑みにはできません。
当サイトでは、消費者金融業界に詳しい専門スタッフが、フクホーでのキャッシングについてどこよりも詳しく徹底解説しています。
安心安全なキャッシングに役立てて下さい。

この記事を読まれた方はこちらの記事も読んでいます。