◇自己破産した方も審査対象ですが・・・

フクホー
は、自己破産した方も審査対象になり、貸付実績もあります。
しかし、フクホーに申し込みをする前には、注意が必要です。

ブラックOK?

通常、自己破産をして免責が決定すれば、それまでの借金は免除されますから、借入額は0円ということになります。
また、消費者金融会社が借入額調査に使用する「指定信用情報機関」も、完済情報として更新されることになります。

ただし

ただし、この「指定信用情報機関」への完済情報の更新を怠っている消費者金融会社が以外に多く見受けられ、本来、免責で完済に更新されるべき借入情報が、現在の借入額として残ったままになっていることがあります。

このような状況ですと、
フクホー
でも審査の上で以下のデメリットが生じる可能性があります。
・情報に残ったままになっている負債が、「長期延滞」と判断される可能性がある
・情報に負債が残ったままになっているから「総量規制」に抵触すると判断される可能性がある

◇完済情報が更新されているか確認しましょう

このような事態を防ぐためにも、心当たりがある方はフクホーに申し込む前に「信用情報の開示」をおすすめします。
現在、フクホーを含め消費者金融会社が利用している信用情報機関は「㈱日本信用情報機構(JICC)」になります。

日本信用情報機構(JICC)では、
・携帯電話
・郵送
・窓口
で開示の申込を受付けています。
手数料―(窓口・・500円  郵送・・千円)
本人確認書類―(運転免許証・写真付住民基本台帳カード・パスポートなど)が必要になります。詳しくはホームページで確認してください。

※開示の結果、心当たりの無い借り入れが情報に記載されている場合は、日本信用情報機構(JICC)に問い合わせしてください。

 

フクホーへの申込みは下記公式ホームページからが安心です!

当サイトは、「キャッシング研究所」が提供する消費者金融フクホー専用の情報サイトです。
いまでこそ、自己破産や債務整理をした方でも審査対象としている中堅消費者金融会社は多数存在しますが、フクホーはかなり早い時期から柔軟な審査に取り組んでおり、言わばパイオニア的存在です。現在、柔軟な審査を実施している消費者金融は、多かれ少なかれ、フクホーの影響を受けていると言っても過言ではありません。
インターネット上には、フクホーのことを、単に「審査が甘い」といった安易な謳い文句で紹介しているサイトが多数見かけられます。しかし、そのようなサイトの大半は、単なる宣伝目的のサイトや、信頼性に欠けるサイトも多く鵜呑みにはできません。
当サイトでは、消費者金融業界に詳しい専門スタッフが、フクホーでのキャッシングについてどこよりも詳しく徹底解説しています。
安心安全なキャッシングに役立てて下さい。

この記事を読まれた方はこちらの記事も読んでいます。