フクホー
では金融事故者にも柔軟な審査をしていますが、その新規貸出金額は9.9万円~30万円ほどまでと顧客によって様々です。
では、9.9万円の方と30万円の方の差はどのような部分なのでしょうか。
消費者金融会社の審査は最終的には総合的与信判断となるので、一概には言えませんが、
今回は、姉妹サイトを含めて当サイトの調査から、どのような方が、高額融資を受けることができたかレポートしてゆきたいと思います。
【評価の高い金融事故とは】
フクホーが審査対象としている金融事故は
・自己破産
・債務整理
・特定調停
・個人再生
などになります。
もちろん、人それぞれ状況は異なるので一概には言えませんが、一般的に評価が高いのは、個人再生になります。理由は他の金融事故に比べて、属性が良い場合が多いからです。(こちらの記事を参照
一番評価が低いのは、やはり自己破産になります。理由としては、自己破産する方は借金こそ清算されていますが、持ち家の方も少なく、やはり他の金融事故に比べて、属性が悪い場合が多くなるからでしょう。
フクホーでもこの傾向は同じになるので、個人再生の方は特に狙い目です。
【高額融資を受けられた方の特徴】
その他、高額融資が受けられた方の特徴は下記になります。
・金融事故が発生してから1年以上経過している。
・直近に借入が集中していない。
・勤務年数が3年以上
このように見るとフクホーの審査も、特に奇抜な審査を行っているわけではなく、ごくスタンダードな審査と同じだと言えます。
しかし、中には、これらの条件に合致しない方でも30万円以上の高額融資の決裁が出ているケースも見受けられます。
このような審査のムラは、スコアリングシステムで一律の基準で審査を行う大手消費者金融ではあまりありませんが、
フクホー
をはじめ中堅消費者金融会社では、どうしても発生してしまいます。
なぜなら、リスクの高い顧客層の申込みが多いので、どうしても異例決裁が多くなりがちだからです。(本来、金融事故者に融資を行うことも異例決裁の範疇でした。)
この審査のムラがうまく合致した場合には予想外の高額融資が受けられる可能性があります。
しかし、逆の場合もあります。
審査ムラが合致しない場合には、結果、少額融資すら受けられないこともありえます。
この部分に関しては、追及しても答えの出ないことなので、あまり深入りせずに、割り切ることも大切です。
ただし、唯一、審査において自身で努力できる部分はヒアリングになります。
ヒアリングには当サイトの記事を参考に対応することをおすすめします。

 

フクホーへの申込みは下記公式ホームページからが安心です!

当サイトは、「キャッシング研究所」が提供する消費者金融フクホー専用の情報サイトです。
いまでこそ、自己破産や債務整理をした方でも審査対象としている中堅消費者金融会社は多数存在しますが、フクホーはかなり早い時期から柔軟な審査に取り組んでおり、言わばパイオニア的存在です。現在、柔軟な審査を実施している消費者金融は、多かれ少なかれ、フクホーの影響を受けていると言っても過言ではありません。
インターネット上には、フクホーのことを、単に「審査が甘い」といった安易な謳い文句で紹介しているサイトが多数見かけられます。しかし、そのようなサイトの大半は、単なる宣伝目的のサイトや、信頼性に欠けるサイトも多く鵜呑みにはできません。
当サイトでは、消費者金融業界に詳しい専門スタッフが、フクホーでのキャッシングについてどこよりも詳しく徹底解説しています。
安心安全なキャッシングに役立てて下さい。

この記事を読まれた方はこちらの記事も読んでいます。