フクホー
をはじめ、消費者金融業者が設定している、いわゆる「借換えローン」の条件が、貸金業法改正後、格段に良くなっているのはご存じですか?
貸金業法改正前にも「借換えローン」はありましたが、フクホーを含め多くは借換えローンを利用するために「担保」や「保証人」が必要でした。
しかし現在の貸金業法では、
・「借換えローン」利用後の利率が借換え前より高くならない
・「借換えローン」利用後の毎月の支払い総額が”借換え前”より高くならない
・借換え前より、顧客に不利益な条件で「担保」「保証人」をとれない
と「顧客に一方的に有利な借換え」が条件になっているのです。

◇借り換えローンは素量規制の対象外です

また「借換えローン」は「総量規制」(年収の3分の1以上の貸付制限)の例外となりますから、消費者金融からのキャッシングとはいえ、その制限を受けません。
他の中堅消費者金融会社が比較的少額融資中心の中、現在、フクホーでは、この取り扱いを行っております。
消費者金融に複数の借入がある方は、フクホーの「借換えローン」を利用することで、毎月の返済金額、金利負担が大きく下がる場合が多いので特におすすめです!

フクホー借り換えローン


フクホー
の「借換えローン」をご利用の場合は、原則として、他社借入条件等の確認ができる書類(下記)
・本人確認書類(運転免許証、健康保険証、パスポート等)
・所得を証明する書類(源泉徴収票、給与明細書、所得証明書等)
・住民票原本(本籍地記載分)
を、フクホーに提出する必要があります。

<<借換えローンについて詳しくはフクホー公式ホームページをご確認ください>>

bn_loan.jpg

当サイトは、「キャッシング研究所」が提供する消費者金融フクホー専用の情報サイトです。
いまでこそ、自己破産や債務整理をした方でも審査対象としている中堅消費者金融会社は多数存在しますが、フクホーはかなり早い時期から柔軟な審査に取り組んでおり、言わばパイオニア的存在です。現在、柔軟な審査を実施している消費者金融は、多かれ少なかれ、フクホーの影響を受けていると言っても過言ではありません。
インターネット上には、フクホーのことを、単に「審査が甘い」といった安易な謳い文句で紹介しているサイトが多数見かけられます。しかし、そのようなサイトの大半は、単なる宣伝目的のサイトや、信頼性に欠けるサイトも多く鵜呑みにはできません。
当サイトでは、消費者金融業界に詳しい専門スタッフが、フクホーでのキャッシングについてどこよりも詳しく徹底解説しています。
安心安全なキャッシングに役立てて下さい。

この記事を読まれた方はこちらの記事も読んでいます。