◇大手銀行系カードローンの審査は厳しい

消費者金融を利用したいと考えて、最初に申込をするのは、やはり【大手銀行系カードローン】になると思います。
それは大手銀行系の知名度・サービスから考えても妥当だと思います。
最近インターネット上に掲示されている「消費者金融比較サイト」では、
“審査が通りやすい””審査が甘い”などの謳い文句で、平気で大手銀行系カードローンが紹介されているのを見かけます。

しかし、『大手銀行系カードローンの審査は、非常に厳しく甘くありません』
大手銀行系の審査を2社ほど受けて、いずれもキャッシングが否決の場合は、それ以上大手に申し込みをしてもキャッシングできる可能性は低いと思われます。

消費者金融に申し込みをすると「指定信用情報機関」での借り入れ額調査を必ずされることになります。
消費者金融が審査のために「指定信用情報機関」に照会をした回数は、申込から6カ月間残ります。
短期間でこの回数が多いということは、”短期間に集中して消費者金融に融資の申し込みをしている”、”切羽つまっている”という印象を与えるため、審査では不利になります。

◇否決の可能性が高そうなら・・・

ですから、“借入できる見込みが薄いのに駄目もとで申し込みをするのはやめた方が良い”といえます。
大手銀行系の審査が否決された場合は、迷わず
フクホー
への申し込みをおすすめします。

現在ネット上では、
フクホー
以外にも様々な「柔軟審査」の消費者金融会社がありますが、中にはかなり、違法性の高い怪しい会社も見受けられます。
また、どの会社が優良な消費者金融会社かどうかは、なかなか素人の方には見分けが難しいと思います。

その点、フクホーは、
業歴の長さ
日本貸金業協会会員
日本消費者金融協会の会員と、申し込みをするのに安心・安全です。

中堅消費者金融会社のキャッシングは、まずフクホーからで間違いありません。

 

フクホーへの申込みは下記公式ホームページからが安心です!

当サイトは、「キャッシング研究所」が提供する消費者金融フクホー専用の情報サイトです。
いまでこそ、自己破産や債務整理をした方でも審査対象としている中堅消費者金融会社は多数存在しますが、フクホーはかなり早い時期から柔軟な審査に取り組んでおり、言わばパイオニア的存在です。現在、柔軟な審査を実施している消費者金融は、多かれ少なかれ、フクホーの影響を受けていると言っても過言ではありません。
インターネット上には、フクホーのことを、単に「審査が甘い」といった安易な謳い文句で紹介しているサイトが多数見かけられます。しかし、そのようなサイトの大半は、単なる宣伝目的のサイトや、信頼性に欠けるサイトも多く鵜呑みにはできません。
当サイトでは、消費者金融業界に詳しい専門スタッフが、フクホーでのキャッシングについてどこよりも詳しく徹底解説しています。
安心安全なキャッシングに役立てて下さい。

この記事を読まれた方はこちらの記事も読んでいます。