フクホー
をインターネットでの口コミで調べると、よくブラック対応という表現が目につきます。
キャッシング審査に通りにくい状態にあることを、世間ではよくひとくくりにブラックという表現をしていますが、一般的に金融ブラックとよばれる内容は次のような状態を指します。
延滞
法的回収
自己破産
債務整理
民事再生
特定調停

しかし、この中で、本当の意味でブラックな状態のものは延滞法的だけです。
フクホーでは、自己破産債務整理民事再生特定調停などは審査対象としていますので、借入できる可能性はあります。
しかし、延滞法的回収の状態は、審査対象にはなりません。
また延滞解消しても、その後1年間は指定信用情報機関の情報に掲載されることになるので要注意です!

また指定信用情報機関では、その顧客が3カ月以上支払いの滞納が続た場合にはじめて延滞という事故番号を掲載しますが、
現在延滞中は、3ヵ月以内の滞納であっても、まず審査には通りません。
また、現在、延滞していなくても過去1年間の取引で滞納が著しいと審査には通りません。
このように延滞といのは、延滞中はもちろん、解消してもその後1年間は借入がしにくくなりますので、注意してください。

しかし、それ以外のブラック(事故情報)に関しては、フクホーでは審査対象となり、借入できる可能性は高いので、申込みしてみてください。

 

創業45年のフクホーは安心の日本貸金業協会会員!

当サイトは、「キャッシング研究所」が提供する消費者金融フクホー専用の情報サイトです。
いまでこそ、自己破産や債務整理をした方でも審査対象としている中堅消費者金融会社は多数存在しますが、フクホーはかなり早い時期から柔軟な審査に取り組んでおり、言わばパイオニア的存在です。現在、柔軟な審査を実施している消費者金融は、多かれ少なかれ、フクホーの影響を受けていると言っても過言ではありません。
インターネット上には、フクホーのことを、単に「審査が甘い」といった安易な謳い文句で紹介しているサイトが多数見かけられます。しかし、そのようなサイトの大半は、単なる宣伝目的のサイトや、信頼性に欠けるサイトも多く鵜呑みにはできません。
当サイトでは、消費者金融業界に詳しい専門スタッフが、フクホーでのキャッシングについてどこよりも詳しく徹底解説しています。
安心安全なキャッシングに役立てて下さい。

この記事を読まれた方はこちらの記事も読んでいます。