現在、フクホー をはじめ多くの会社がインターネットでのキャッシングの受付を行っています。
かつて消費者金融会社は対面融資に重きを置いていましたが、いまどきの主流は、非対面のネットキャッシングになっています。

改正貸金業法の施行や過払い問題の影響によって収益が減少し、支店の縮小を余議なくされていた消費者金融会社にとってもネットキャッシングを採用することは、
「非対面融資のため1店舗で全国対応が可能」
というメリットがあります。
フクホーも例外ではなく、ネットキャッシングをメインにすることで、現在1店舗で全国エリアをカバーしています。
しかし、ネットキャッシングは消費者にも業者にも便利な反面、リスクがあります。
主だったものを業者側に立って下記にまとめてみました。
業者側がリスクに感じている部分を研究することで、審査通過の糸口が見えてくるかもしれません。

①詐欺申込みが発生しやすい
非対面なので、別人や架空人物になりすましての申込みが発生しやすいと言えます。
架空人物になりすますのはなかなか困難ですが、同姓の親兄弟になりすますのは比較的簡単にできてしまいます。

②紹介屋、整理屋などの詐欺会社の仲介による申込みが発生しやすい
インターネット上で広告を掲示している消費者金融会社の中には、いわゆる「紹介屋」「整理屋」と呼ばれる悪質な業者が存在します。
それらの業者はもともと自社で融資するつもりはなく、他社で融資を受けさせ、そのお金を騙し取るのが目的です。
お金を騙し取られた顧客は、借金が増えただけの結果になるので、すぐに返済に行き詰り、不良債権となる可能性が高くなります。

③ヤミ金被害に遭いやすい
紹介屋、整理屋と同様にインターネット上にはヤミ金と思われる業者も存在します。
インターネットという非対面方式の融資方法は安易な借入を助長する傾向もあります。
“ネットで集客した顧客はヤミ金被害に遭いやすい”というのは業界の定説になっています。

このようにネットキャッシングには対面融資にはないリスクを伴うので、業者としては、対面融資よりも信用が低い融資方法ともいえます。
大手に比べて申込者の属性が悪い中堅消費者金融会社にとってはなおさらです。
しかし現状、法改正や過払いによる収益減少のため、店舗数は縮小傾向にあり、非対面融資に頼らざるを得ません。

フクホー
がその審査において「生活状況の聞き取り」に重きを置いたり、支払い実績を見てから増額を行うというのは、このようなリスクを懸念してのことでしょう。
逆に言うと、申込者は「生活状況の聞き取り」を受ける際には、このようなリスクを伴った者ではないと自身の潔白を証明できれば、審査通過は堅いと言えるでしょう。

 

フクホーへの申込みは公式ホームページからどうぞ!

当サイトは、「キャッシング研究所」が提供する消費者金融フクホー専用の情報サイトです。
いまでこそ、自己破産や債務整理をした方でも審査対象としている中堅消費者金融会社は多数存在しますが、フクホーはかなり早い時期から柔軟な審査に取り組んでおり、言わばパイオニア的存在です。現在、柔軟な審査を実施している消費者金融は、多かれ少なかれ、フクホーの影響を受けていると言っても過言ではありません。
インターネット上には、フクホーのことを、単に「審査が甘い」といった安易な謳い文句で紹介しているサイトが多数見かけられます。しかし、そのようなサイトの大半は、単なる宣伝目的のサイトや、信頼性に欠けるサイトも多く鵜呑みにはできません。
当サイトでは、消費者金融業界に詳しい専門スタッフが、フクホーでのキャッシングについてどこよりも詳しく徹底解説しています。
安心安全なキャッシングに役立てて下さい。

この記事を読まれた方はこちらの記事も読んでいます。