フクホー をはじめ、消費者金融のキャッシング審査では、自己申告と指定信用情報機関にて、他社からの借り入れ額を調査されることになります。
この場合の借り入れ先は、通常、いわゆる「消費者金融」からの借り入れのみで、銀行・信販・クレジットカードなどは含みません。

大雑把に言いますと、
消費者金融からの借り入れ
総量規制の対象
審査に影響する

【銀行・信販・クレジットカードからの借り入れ
総量規制の対象外
審査にあまり影響しない
となります。
ようするに、信販・クレジットでいくら借り入れがあっても、フクホーなどの消費者金融会社の審査上では借り入れ無しと考えることになります。

しかし、消費者金融会社が利用している情報機関(㈱日本信用情報機構(JICC))と信販・クレジットカード会社が利用している情報機関(㈱シー・アイ・シー)は、提携しており情報交流がありますから、消費者金融会社にも信販・クレジットカードからの借り入れ件数や金額は、大体把握されることになります。

ですから、あまりに極端に件数・負債額が嵩めば、審査には当然影響が出てくることになります。

このように信販・クレジットカードでの借り入れがあっても、消費者金融からの借り入れが少なければ、キャッシングできる可能性は十分ありますから、フクホー をはじめ消費者金融への申し込みしてみる価値はあります。

 

フクホーへの申込みは下記公式ホームページからが安心です!

当サイトは、「キャッシング研究所」が提供する消費者金融フクホー専用の情報サイトです。
いまでこそ、自己破産や債務整理をした方でも審査対象としている中堅消費者金融会社は多数存在しますが、フクホーはかなり早い時期から柔軟な審査に取り組んでおり、言わばパイオニア的存在です。現在、柔軟な審査を実施している消費者金融は、多かれ少なかれ、フクホーの影響を受けていると言っても過言ではありません。
インターネット上には、フクホーのことを、単に「審査が甘い」といった安易な謳い文句で紹介しているサイトが多数見かけられます。しかし、そのようなサイトの大半は、単なる宣伝目的のサイトや、信頼性に欠けるサイトも多く鵜呑みにはできません。
当サイトでは、消費者金融業界に詳しい専門スタッフが、フクホーでのキャッシングについてどこよりも詳しく徹底解説しています。
安心安全なキャッシングに役立てて下さい。

この記事を読まれた方はこちらの記事も読んでいます。