【大手と中小業者の審査の違い】
大手消費者金融会社キャッシング審査は、属性や借入状況によって加算された点数で審査結果を出すオートスコアリングシステムによるものがほとんどです。
審査担当者によって決裁のムラがないので、統一した審査が可能になります。
また、審査基準を変更する際も全店同じ基準で変更することが可能で、本部でコントロールしやすいというメリットがあります。
しかし
フクホー
をはじめ中小クラスの消費者金融会社オートスコアリングシステムを導入している会社は少なく、いまだベテラン社員の経験に基づいて決裁を出している会社がほとんどです。
また、初めて消費者金融を利用する方など、申込み者のほとんどが優良顧客である大手消費者金融会社の審査方法を、そのほとんどの申し込みが、自己破産債務整理をした方など金融事故者あるいは多重債務者である中小消費者金融会社に当てはめることは無理がるとも言えます。

【大手と中小業者の貸付率の違い】
いわゆる「ホワイト層」の申し込みが多い大手消費者金融会社では、その貸付率は7割を超えるものになります。
しかし、金融事故者など「ブラック層」の申し込みも多い中小消費者金融会社では、その貸付率は1割にも満たない場合がほとんどです。

これはフクホーも例外ではなく、他の中小業者に比べて貸付率は高いものの大手のそれには到底及びません。
このように大手と中小では同じ消費者金融会社でも内容がかなり違い、もはや全くの別物と言っても過言ではありません。

【決裁基準はあくまで目安】
このようにフクホーのような中小規模の消費者金融会社の審査基準は、ある程度の目安はあるものの、どうしても審査担当者の感覚に依る部分が多くなってしまいます。
そのため、その審査基準を正確に解析することはかなり困難になります。
同じ属性、同じ負債額であっても決裁は違ったものになる可能性がでてきます。
当サイトでは
フクホー
の審査の目安について詳しく解説していますが、最終的には先方決裁者の感覚にもよるので、あまりこだわりすぎてもいけません。
仮に否決になっても、決裁者の感覚に合わなかっただけと割り切って、次の申込みに進むことも重要です。

 

創業45年のフクホーは安心の日本貸金業協会会員!

※フクホーが否決の場合、次の申込み先はここから探せます!
審査の通る中堅消費者金融

当サイトは、「キャッシング研究所」が提供する消費者金融フクホー専用の情報サイトです。
いまでこそ、自己破産や債務整理をした方でも審査対象としている中堅消費者金融会社は多数存在しますが、フクホーはかなり早い時期から柔軟な審査に取り組んでおり、言わばパイオニア的存在です。現在、柔軟な審査を実施している消費者金融は、多かれ少なかれ、フクホーの影響を受けていると言っても過言ではありません。
インターネット上には、フクホーのことを、単に「審査が甘い」といった安易な謳い文句で紹介しているサイトが多数見かけられます。しかし、そのようなサイトの大半は、単なる宣伝目的のサイトや、信頼性に欠けるサイトも多く鵜呑みにはできません。
当サイトでは、消費者金融業界に詳しい専門スタッフが、フクホーでのキャッシングについてどこよりも詳しく徹底解説しています。
安心安全なキャッシングに役立てて下さい。

この記事を読まれた方はこちらの記事も読んでいます。