フクホー では、新規融資時に平均20万から30万円と比較的高額与信が多いのですが、申込者の状態によっては、9.9万円という少額与信となるケースもあります。
9.9万円という10万円未満の融資の場合は適用利率も通常20.0%となり(10万円以上100万円未満の場合は通常18.0%)、やや高くなってしまいます。

【高額融資のチャンスはあります】
新規融資額が少額だったとしても、あきらめるのはまだ早いと言えます。その後の取引実績次第では、増額で高額融資を目指すことも可能です。
フクホーをはじめ中堅クラスの消費者金融会社は、大手に比べると、“初回融資金額を低めにして、リスクを軽減する”という傾向があります。これは大手に比べて、属性の悪い層の申込者が多いので、やむを得ないとも言えます。そして取引実績を見て増額するというのが王道です。
10万円以下で取引を続けても、そこから得られる利息収益はわずかなものです。
消費者金融側からしても9.9万円の取引を続けていても、リスクに見合った収益は得られません。逆に言えば、増額できる見込みのない方には、9.9万円すら融資することはないということです。

【増額で高額融資を目指すには】
増額による高額融資を目指すのであれば、以下のことに注意が必要です。
① 返済は絶対に遅れない
増額を狙うのであれば、返済は絶対に遅れてはいけません。ついうっかり忘れてしまったというのもNGです。少額融資しか受けられなかったということは、低い信用しかなかったということです。そんな状況でうっかりでも返済が遅れてしまえば、返済困難な状況だと受け取られかねません。

② 他社からの借入れは控える
新規で融資してから、短期間で、他社からの借入れが増加しているのもNGです。
借入れの急増は、いくら総量規制の範囲内でも敬遠されます。

③ 少なくとも半年は実績が必要
フクホー の増額は、先方から営業がある場合は最短3か月ほどで可能なケースもありますが、自分から増額希望をするのであれば、少なくとも半年ほどの実績は欲しいところです。
もとろんその間、返済が遅れたり、極端な負債増加がないことが前提です。

 

フクホーへの申込みは下記公式ホームページからが安心です!

当サイトは、「キャッシング研究所」が提供する消費者金融フクホー専用の情報サイトです。
いまでこそ、自己破産や債務整理をした方でも審査対象としている中堅消費者金融会社は多数存在しますが、フクホーはかなり早い時期から柔軟な審査に取り組んでおり、言わばパイオニア的存在です。現在、柔軟な審査を実施している消費者金融は、多かれ少なかれ、フクホーの影響を受けていると言っても過言ではありません。
インターネット上には、フクホーのことを、単に「審査が甘い」といった安易な謳い文句で紹介しているサイトが多数見かけられます。しかし、そのようなサイトの大半は、単なる宣伝目的のサイトや、信頼性に欠けるサイトも多く鵜呑みにはできません。
当サイトでは、消費者金融業界に詳しい専門スタッフが、フクホーでのキャッシングについてどこよりも詳しく徹底解説しています。
安心安全なキャッシングに役立てて下さい。

この記事を読まれた方はこちらの記事も読んでいます。