現在、インターネット上には、
フクホー
について紹介しているサイトが数多くの存在します。しかし、その多くが、
審査甘い!
ブラックでも借りれる!
という内容が中心になっているようです。
この表現だけみると、
フクホーは、”無審査で誰にでも融資している”という印象をあたえてしまいがちですが、そんなことはありません。
確かに一般的に「ブラック」と言われているユーザーで審査対象としているケースもありますが、誰にでも貸してくれるのかというと決してそうではありません。
むしろしっかりと融資対象であるターゲットを絞って、堅実にリスク判断のうえ融資していると言えます。
このように、今回は誤解の多いフクホー 審査基準について詳細に分析をしてみたいと思います。

※特徴その1
審査対象範囲を限定している】
フクホーが公式ホームページで公表している事項、口コミ、当サイト調査によると、下記の条件の方は、審査が受けることができません。
・健康保険未加入の方
・国民健康保険加入者で各市町村発行の年収証明が提出できない方
・自営者、無職(主婦)の方
・現在他社のご返済が遅れている方
・現在他社利用件数4件以上の方

つまり、これらの条件に該当する方は、審査する以前に「お断り」ということになっています。
自営業者や、無職の専業主婦に対して、審査すら行わないという、この点においては大手の消費者金融以上に厳しい審査対象範囲となっています。

※特徴その2
【過去の金融事故者は審査対象にしている】
過去に自己破産や債務整理の手続きをしている方は、大手の消費者金融ではなかなか審査対象になりませんが、フクホー では、これらの条件の方に対しても、過去多くの貸出し実績があります。
たとえ過去に支払い不能の状況だったとしても、現在、法的な手続きを経て、状況が改善されているのであれば、審査上全く問題はありません。
しかし、他の消費者金融で支払いが延滞中の方等、もしくは今現在支払い不能の状態の方は審査対象にはなりません。

※特徴その3
【審査可決時の融資金額が比較的高い!】
フクホーと同様に、過去に自己破産や債務整理の手続きをしている方を審査対象にしている消費者金融は他にもありますが、そのほとんどが、新規貸付平均額として10万円前後かなり少額融資になっています。
その理由としては、
・リスクが高いと判断される層への貸出のため貸出金額を抑えている
・調達資金が少額であるので、1件に対して高額な貸出ができない
などが考えられます。
しかし、フクホー は、それら同業他社と違い、審査が可決だった場合の融資額は、平均30万円ほどと、かなり高額です。これは、健全経営による潤沢な資金と自社の審査によほどの自信がないとできないことです。

※結論
審査対象外でなければ、可決率可決額は共に高い!】
これらのことからフクホーの審査方法を分析しますと、
幅広い属性・状況の方からの申し込みを期待するスタイルでは無く、自社の審査基準に則した審査対象範囲を公表することで、より、ターゲットを絞った効率性の高い集客スタイルになっています。
審査対象範囲を公表している為、それにそぐわない方からの申し込みは無くなりますから、可決率可決額もおのずと高くなります。審査範囲は限定されており、誰でも借入できる訳ではありませんが、以外と審査対象は広いとも言えます。対象範囲は明確にされているため、サイトの「お借入れ診断」を利用して、審査対象範囲の方であれば、審査可決の可能性は高く、また可決額も、他の消費者金融のそれよりかなり高額”になる可能性が高いと言えるでしょう。

フクホー株式会社への申込みは下記公式ホームページより

当サイトは、「キャッシング研究所」が提供する消費者金融フクホー専用の情報サイトです。
いまでこそ、自己破産や債務整理をした方でも審査対象としている中堅消費者金融会社は多数存在しますが、フクホーはかなり早い時期から柔軟な審査に取り組んでおり、言わばパイオニア的存在です。現在、柔軟な審査を実施している消費者金融は、多かれ少なかれ、フクホーの影響を受けていると言っても過言ではありません。
インターネット上には、フクホーのことを、単に「審査が甘い」といった安易な謳い文句で紹介しているサイトが多数見かけられます。しかし、そのようなサイトの大半は、単なる宣伝目的のサイトや、信頼性に欠けるサイトも多く鵜呑みにはできません。
当サイトでは、消費者金融業界に詳しい専門スタッフが、フクホーでのキャッシングについてどこよりも詳しく徹底解説しています。
安心安全なキャッシングに役立てて下さい。

この記事を読まれた方はこちらの記事も読んでいます。