ネット上のフクホー の口コミの中には、
「いろいろ聞かれたあげく否決になった。個人情報収集が目的の会社だ」
「書類を提出したのに否決になった。個人情報収集目的だ。」
といった内容のものも見受けられます。
確かにフクホーの審査では、ヒアリングや書類提出した後に、否決となってしまうケースもまれにあるようです。
また、申込者としては、そこまで審査が進んだうえで否決となると、期待していた分、ガッカリする気持ちもより大きくなるというのは理解できます。
しかし、これは本当に個人情報収集が目的なのでしょうか。

♦個人情報収集目的の業者とは

結論から言えば、フクホーが個人情報収集目的の会社というのは全くの事実無根です。
通常、消費者金融会社がそこまで手間暇かけて個人情報を収集することはありません。
もし、個人情報収集目的であれば、もっとコストがかからない方法でなければ採算が合いません。
確かに、現在、ネット上に広告を出している消費者金融の中には、個人情報を収集して、最終的には弁護士・司法書士を紹介して債務整理を行わせるような「紹介屋」と呼ばれる業者が存在します。
このような会社の特徴としては、
①自社でほとんど貸し付け実績がない
②おまとめローンなどが主力商品で意図的に多重債務者を集客している
ということがあげられます。
フクホーは自社での貸し付け実績は数多くあり、メイン商品も小口のフリーローンで、このいずれにも該当しません。
このような口コミは、フクホーの審査が否決になった方の、恨み節というのが実際のところでしょう。

♦丁寧に審査は逆に評価できる

本当は、フクホーも、融資が出来ないような申込者の審査に時間をかけたくないはずです。融資可能な方に絞って、ヒアリングや書類徴求をしたほうが効率的で、コストがかかりません。しかし、あえてコストをかけて審査が通るかどうか微妙な属性の方にも時間をかけているのは丁寧に審査をしていることの裏返しです。
安易に否決とせずにヒアリングなどで出来る限り、融資可能と判断できる要素を探っているということでしょう。
このような姿勢は、申込者にとっても逆に評価に値することです。
中には、ヒアリングや書類徴求の結果、残念ながら融資に至らない方もいると思いますが、なるべく融資に結び付けようと努力した結果ということは、理解しておくべきでしょう。
いずれにしても、フクホーは健全な中堅消費者金融なので、安心して申込みして下さい。

 

フクホーへの申込みは下記公式ホームページからが安心です!

当サイトは、「キャッシング研究所」が提供する消費者金融フクホー専用の情報サイトです。
いまでこそ、自己破産や債務整理をした方でも審査対象としている中堅消費者金融会社は多数存在しますが、フクホーはかなり早い時期から柔軟な審査に取り組んでおり、言わばパイオニア的存在です。現在、柔軟な審査を実施している消費者金融は、多かれ少なかれ、フクホーの影響を受けていると言っても過言ではありません。
インターネット上には、フクホーのことを、単に「審査が甘い」といった安易な謳い文句で紹介しているサイトが多数見かけられます。しかし、そのようなサイトの大半は、単なる宣伝目的のサイトや、信頼性に欠けるサイトも多く鵜呑みにはできません。
当サイトでは、消費者金融業界に詳しい専門スタッフが、フクホーでのキャッシングについてどこよりも詳しく徹底解説しています。
安心安全なキャッシングに役立てて下さい。

この記事を読まれた方はこちらの記事も読んでいます。